Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

女優・角替和枝さん急死 原発不明がんとは何か? 治療法は

女優の角替和枝さん(C)日刊ゲンダイ

 そのため、原発不明がんには、がんの部位や組織型が異なるさまざまな病態が含まれていて、患者さん一人一人でがんの状態が大きく異なるのが特徴です。

■原発不明がんに最適な薬剤はまだ確立されず

 では、治療はどうするかというと、転移があるので薬物療法が中心で、シスプラチンやカルボプラチンといったプラチナ製剤がよく使われます。しかし、がんの薬物療法は、臓器ごとに使用すべき薬物が厳密に決まっているケースが多いのが現状です。

 それでも、原発不明がんにプラチナ製剤が使われるのは、プラチナ製剤が多くの臓器に有効なため。原発不明がんでは、最適な薬剤が確立されていません。

 ただし、亡くなってから病理解剖を行うと、5割程度の確率で原発巣が分かるようになっています。今後、検査精度が上がっていくと、原発不明がんと診断される方は減っていくかもしれません。そうなれば、原発巣ごとに決められた治療を確実に受けられるようになりますから、角替さんのような悲劇が生まれることはもっと少なくなります。

 一方、プラチナ製剤以外の薬剤の組み合わせについても、臨床試験が進行中です。原発不明がんというと、見えない敵と戦うようで厄介ですが、光がないわけではありません。原発不明がんと診断されたら、臨床経験が豊富な各地のがん拠点病院に相談することが大切です。

2 / 2 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事