牧田ドクター「最強の食事術」Q&A

刺し身に添えるワサビ 醤油で溶かすのが良くない理由

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 なお、そばも同じです。ワサビをつゆに溶かして食べるのではなく、直接そばにのせた後につゆに浸して食べる方がイソチオシアネート化合物を多く吸収できます。

 ちなみにワサビは、根元よりも茎の上の方にイソチオシアネート化合物が多く含まれるそうです。すりおろすのは上からにしましょう。

2 / 2 ページ

牧田善二

AGE牧田クリニック院長、医学博士、糖尿病専門医。1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで糖尿病の合併症の原因とされるAGEを研究。96年から北海道大学医学部講師、2000年から久留米大学医学部教授。03年から糖尿病をはじめとした生活習慣病および肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開院、延べ20万人以上の患者を診ている。著書に「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)ほか、多数。

関連記事