愉快な“病人”たち

乗り物には一切乗れず…比企理恵さんがパニック障害を語る

比企理恵さん(C)日刊ゲンダイ

「パニック障害」と診断されたのは、25年ほど前のことです。地方の舞台公演中に受診した心療内科でした。薬を処方され「やっとこれで助かるかもしれない」と思ったのですが、それが本当の恐怖の始まりだったんです(笑い)。

 28歳のとき、公演が4作続いたことがありました。当時は1作品1カ月公演が普通で、それが4作連続ともなると稽古を含めて5カ月以上、休みはほぼありませんでした。しかも、どの舞台も共演者は名だたる先輩俳優さんばかり。休めない、遅刻もできない、公演に穴をあけられないプレッシャーなど、常に稽古と公演がダブりダブりだったわけです。

 おかしくなり始めたのは、2作目の舞台期間中だったと思います。地方公演先のホテルで寝ていると、ベッドが揺れているような気がして、眠れなくなりました。「眠らなくちゃ」と思うのに、なぜか気持ちが高ぶって眠れない。朝方やっと眠れそうだと思ったら、もう出発の時間……。そんなことが1カ月続いた頃から、今度は急に心臓がバクバクしだして、日を追うごとにひどくなりました。「心臓の病気かもしれない」と思い、循環器系の病院に行ったのですが、その場の心電図で問題はなく、ホルター心電図(携帯用の小型心電図で長時間の拍動データを記録する)を着けたりもしたのですが、結局「なんでもない」という診断結果でした。

1 / 5 ページ

関連記事