愉快な“病人”たち

乗り物には一切乗れず…比企理恵さんがパニック障害を語る

比企理恵さん(C)日刊ゲンダイ

「そんなはずはない」と思っても、舞台は待ってくれません。そのうちに気持ちがどんどん暗くなり始め、自分でも不安になったので、スタッフに「私おかしい。あと2カ月も舞台、もたないかもしれない」と相談しました。すると「心療内科」を勧められたのです。

 そこで「パニック障害」という病名は分かりました。でも、なんであれ、まだ2カ月は舞台を休めない。それを医師に告げると、今では考えられませんが、睡眠導入剤や精神安定剤など、4種類ほどの薬を両手に提げるほど大量に出してくれたのです。

「これで助かるかも」と希望を持ちました。ところが、そこから症状がさらに悪化したんです。動悸は治まらない上に、閉所恐怖症になり、乗り物に一切乗れなくなりました。エレベーターでもタクシーでも、「扉が閉まったら、一生開かないんじゃないか」と思っちゃうんです。

2 / 5 ページ

関連記事