風邪薬で眠くなりたくない…チェックポイントは1つだった

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 椅子から転げ落ちそうなほどの眠気に襲われた…先日、日刊ゲンダイ記者が市販の風邪薬を飲んだ時のことだ。

「くしゃみ・鼻水・鼻詰まりに効く」と箱に書かれた、どのドラッグストアでも見かける風邪薬。「1回1錠」「1日1、2回」という用法・用量をきっちり守って飲んでいたのだが、強い眠気には参った。くしゃみは止まっても、これでは仕事にならない。

「その風邪薬には、古い世代の抗ヒスタミン剤が含まれていたのでしょう。副作用として、眠気が問題になります」

 そう話すのは、医学博士の米山公啓氏だ。風邪薬を飲んで眠くなりたくなければ、「抗ヒスタミン剤」をチェックすべきという米山氏にアドバイスしてもらった。

「風邪薬には、主に解熱剤と抗ヒスタミン剤が入っています。解熱剤は眠気の副作用はほぼありません。抗ヒスタミン剤は第1、第2、第3世代とあり、第1、第2世代は眠気の副作用が強く、第3世代は眠気の副作用が弱い。だから、第3世代の抗ヒスタミン剤の風邪薬を選ぶと、眠くなりにくいのです」

1 / 3 ページ

関連記事