ステージⅣがん治療を断るとどうなる

妻と息子はがん治療拒否という私の決断を無言で受け入れた

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 がん宣告を、私が一番最初に伝えた相手は、妻だった。妻は無言で私の決断を受け入れ、44歳になる息子も、妻同様の態度を示してくれた。

 今の社会では「がん治療を受けない」という決断を下すには、まだまだハードルは高い。医師は治療に使命感を持っており、家族を説得し、ともかくなんらかの治療を“強要”してくる。

 7月に肺腺がんの手術を受けた女優の東てる美さん(62)がテレビのワイドショーで、抗がん剤治療のために、約3カ月入院することを明かした。彼女は5月にテレビの医療番組で受けた検査で肺に影が見つかり、その後、ステージ1bの肺腺がんと診断された。7月に5時間に及ぶ手術を行い、左肺のかなりの部分を摘出した。彼女は今回の治療について、こう話していた。

「実はもっと楽かと思ったけど、開けてみたら、リンパにも1つがんがいました。1bで切ったら2bに昇進していました。予防のためですが、10月の終わりから抗がん剤とも闘っていきます」

1 / 2 ページ

笹川伸雄

ジャーナリスト。1946年、宮城県生まれ。医、食、健康のジャンルを得意とし、著書に「妙薬探訪」(徳間文庫)など

関連記事