医者も知らない医学の新常識

痛みが強く再発も多い「帯状疱疹」はワクチンで予防する

はしか、風疹混合ワクチンの接種を受ける1歳児(C)共同通信社

 帯状疱疹は、皮膚に水ぶくれのような赤い湿疹が出来て、痛みを伴うという病気です。

 一度水ぼうそうにかかった後、ウイルスが神経節という部分に潜んでいて、体の抵抗力が弱った時に、再び増殖して起こると考えられています。

 昔は一生に一度しかかからないという説がありましたが、実際には再発も多いことが分かっています。

 帯状疱疹は通常なら自然に治りますが、帯状疱疹後神経痛といって、治った後でも痛みだけが残ることがあります。これは非常に厄介でつらい症状です。それでは、帯状疱疹を予防することは出来るのでしょうか? 

 その決め手と考えられているのがワクチンです。日本で現在、使用されているのは、水ぼうそうのワクチンと同じもので、2016年から50歳以上の年齢で、帯状疱疹予防のための接種が出来るようになりました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事