ニューヨークからお届けします。

ジェネレーションZの9割がストレス…理由は銃の乱射事件

 アメリカで最も若い世代であるジェネレーションZのうち、「15歳から21歳の若者の9割がストレスで疲れ切っている」というデータが発表され、これまでのどの世代と比べても最悪の結果と波紋が広がっています。

 米国心理学会が毎年行っている「アメリカのストレス」調査で、今年は18歳以上の3500人、15歳から17歳の300人を対象に行われました。

 それによると、15歳から18歳までで心の健康が「大変良好」と答えたのは半数以下の45%、ミレニアル世代の51%。その上の世代ジェネレーションXの70%に比べるとかなり低い数字でした。

 また、彼らの27%は心の健康状態が普通か不健康と答えていますが、その原因の多くはストレスと考えられています。さらに彼らの9割がうつ、不安神経症などストレスに関連する症状を体験したことがあるとしています。

 そのストレスの理由として今年特に注目されたのは後を絶たない銃乱射事件です。75%が銃乱射全般に関してストレスを感じていて、72%が学校での銃乱射への不安、さらに21%が自分の学校で銃乱射が起きるのでは――と考えることがストレスの原因になっていると答えました。これらの数は、以前より明らかに増えています。当然ながら、彼らの親世代でも似た結果になりました。

 また、そのほかのニュース、アメリカでの自殺率の増加に関する報道や、セクハラ問題などがストレスの原因という人も、他の世代に比べて高いことが分かりました。

 こうしたストレスへの対応の遅れも指摘されています。この世代の3人に1人はセラピストや精神科医にかかっているのに、ストレスを何とかできていると答えたのは約半数だったからです。

 銃乱射など深刻化する社会問題や、ネットにあふれる情報の波に揉まれあえぐ、アメリカの若い世代の姿が浮かび上がってくるようです。

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事