愉快な“病人”たち

スタレビ根本要さん語る脳梗塞で入院1週間 “偽装”の噂まで

根本要さん(C)日刊ゲンダイ

 脳梗塞は症状が出てから24時間が一番危ないということで、頭を持ち上げることもできないまま、翌日まで集中治療室で寝かされました。

 頭の中では、入院がツアーにずれ込んでしまうかもしれないという心配と、脳の病気を持っていたんだという現実、それから“この病院の看護師さんは、みんなすごく可愛い”という3点がグルグル回っていました。

 実際、看護師さんたちは激務の中でも優しくて「本当にすごい」と感動しました。だからこそ、何が嫌だったかって“オシッコ”ですよ。「トイレに行きたい」と言えば、てっきりトイレまで連れていってくれるのかと思ったら、スッと尿瓶を渡されるんです。経験がないですから、なかなか出ないし、出たら出たで我慢していた分、止まらない。止まったらそれを可愛い看護師さんに渡さなくちゃいけない……。恥ずかしいですよ。でも、もう最後は覚悟を決めて「入院とはこういうことなんだ」と開き直りましたけどね(笑い)。

3 / 6 ページ

関連記事