天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

摂食、排泄、睡眠…日々の生活の恒常性を崩してはいけない

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

■「順序」を勘違いすると本末転倒

 たとえば、心臓疾患を予防しようと考えて、研究で予防効果が認められた成分を含む食品を摂取するとしましょう。その成分に心臓疾患の発症リスクを下げる効果があるのは確かです。しかし、摂取したことによってコレステロール値や血糖値が上がってしまったり、肥満を招いたり、便秘や下痢気味になって腸内環境が悪化してしまえば、逆にリスクはアップします。食生活を変えたことでストレスを感じたり、十分に眠れなくなってしまえば、それも心臓にとっては大きなマイナスです。

 病気を予防するためには、摂食、排泄、睡眠といった人間が日々生活するうえでの基本的な行為を阻害しないことが何より大切になります。健康に良いと発表されている食べ物や飲み物を摂取することで、そうした自分の恒常性を崩していないかどうか。常にそれを確認しながら取り組まなければ、本末転倒になりかねないのです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事