天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

摂食、排泄、睡眠…日々の生活の恒常性を崩してはいけない

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 健康に良いという研究結果が出ている食品や成分を積極的にとって1次予防に取り組もうと考える人は、いまは健康な人がほとんどでしょう。だからこそ、まずは「いまの自分の健康は何に支えられているものなのか」ということを振り返って把握しておく。将来的な不安を感じている部分を改善するために食事やサプリメントを“使う”のはそれからです。あくまでも、いまの健康を維持している要素や条件を崩さないようにするのが大前提です。

 健康に対して高い意識を持って取り組むことはもちろん歓迎すべきことですが、「順序」を勘違いしないことが肝心なのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事