Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

松浪健四郎さんはステージ1 厄介な膵臓がんも0期なら治る

松浪健四郎さん(C)日刊ゲンダイ

 では、膵臓がんを早期発見するには、どうすればいいか。そこが、最大の関心事でしょう。膵臓がんを見つけるための手軽な検査は、腹部超音波検査ですが、胃の後ろにあって十二指腸や肝臓、大腸などに囲まれているため、見つけにくいのが難点でした。

 しかし、広島・尾道で膵臓がんを早期発見するプロジェクトが行われ、その結果、胃カメラの先端に超音波がついた超音波内視鏡なら、厄介な膵臓がんを高確率で早期発見できることが分かりました。口から挿入した内視鏡で胃の辺りから膵臓にエコーを当てて病変をチェックします。この方法だと、ステージ1よりもっと早期の「0期」も発見でき、0期なら完治も期待できるようになったのです。

 膵臓がんには、いくつかのリスクがあり、一番は糖尿病。糖尿病の人は1年に1回、超音波内視鏡検査を受けるといいでしょう。

3 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事