ニューヨークからお届けします。

米国で社会問題に…消防士の40%が自殺を考え7%が未遂を

カリフォルニアの山火事で消火活動中の消防士(C)AP

 カリフォルニア州では史上最悪といわれる大規模な山火事が起こっています。79人の死亡が確認され、1300人以上が行方不明、1万3000軒の建物が焼失しました(現地時間11月18日)。8000人もの消防士が不眠不休で炎と戦っています。

 そんな中、アメリカでは消防士の自殺が社会問題になりつつあります。2015年4000人の消防士を対象に行った調査によれば、40%近くが自殺を考えたことがあり、7%は自殺未遂にまで至っていて、この数字は一般人の10倍です。17年に自殺した消防士は103人で、消化活動など仕事が原因で亡くなった93人を上回っています。

 その理由とされるのが、消防士が直面する現実です。火災や事故現場で肉体的に非常に厳しい状況の中、悲惨な光景や被災者の苦しみなど、ほかの職業ではあり得ない体験をしなければならない。それが彼らにとって大きなストレスやトラウマとなり、うつになったり自殺につながることもある。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事