愉快な“病人”たち

脳性麻痺の寺田ユースケさんが語る 挫折と感動そして挑戦

車イスはボクにとって「魔法のアイテム」(C)日刊ゲンダイ

「この夫婦の息子なら、運動神経は抜群に違いない」

 ボクが生まれたときは、そう言われたそうです。そのくらい両親が共にスポーツ万能だから。でも、こんな病気を持っていたものだから、両親の落胆ぶりはすごかったみたいです。父親なんか日課の晩酌をやめちゃったくらい、ショックだったようですよ(笑い)。

「脳性麻痺」と診断されたのは2歳のとき。歩き始めたら、踵が浮いたまま内股でつま先を引きずるような歩き方をするので、母親が病院に連れて行き発覚しました。

 病名を詳しく言うと、「脳性麻痺による歩行困難な体幹機能障害」になります。脳から筋肉への神経伝達が正常にできず、ボクの場合は首から下が動かしづらい状態です。それでも両親がめちゃめちゃ懸命にリハビリをしてくれたおかげで、手の障害はほとんどありません。20歳まで車イスでもありませんでした。

1 / 5 ページ

関連記事