中高年女性がかかりやすい病気

急性心筋梗塞や脳梗塞の死亡数が男性より少ないのはなぜだ

カギは脂質異常症の治療(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 脂質異常症は大きく3種類。高LDLコレステロール血症(悪玉コレステロール値が高い)、低HDLコレステロール血症(善玉コレステロール値が低い)、高中性脂肪血症(中性脂肪値が高い)の3つです。

 以前は高脂血症と呼ばれていましたが、HDLコレステロールは高めのほうがいいなどの理由から、10年ほど前に名称が変更されました。

 厚労省の国民健康・栄養調査(2018年)の数字を参考にすると、中高年(40~64歳)男性の約15%、女性の約10%が脂質異常症の条件に該当します。

 人数的には男性約320万人、女性約210万人といったところです。したがって脂質異常症は中高年男性に多いといえます。

 一方、厚労省の「患者調査(2016年)」によれば、継続的に治療を受けている中高年は、女性約47万8000人に対し、男性はわずか約26万4000人。女性患者のほうが1.8倍も多くなっています。女性のほうが真面目に医者に通う人が多いからでしょう。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事