がん発症の妻にしてあげた10のこと

<1>ヌードを撮る できあがりを妻はとても喜んでくれた

小宮孝泰さん(C)日刊ゲンダイ

 夫婦で過ごしたマンションに初老の男がひとり。一緒にクリスマスを祝う相手はいない。最愛の妻にがんが発症したら、夫は何をしてあげられるのか。2012年10月31日、14歳年下の妻・佳江さんを見送った小宮さんが彼女にしてあげた10のことを紹介する――。

 90年夏、久米島のテレビのロケで佳江夫人と出会い、翌年に結婚。新郎36歳、新婦21歳だった。

 だが、31歳で佳江さんに乳がんが見つかる。

「妻の乳がんを知ってから、彼女のために、私に何ができるのだろうかとあれこれ考えました。ふと思い付いたのが『ヌード写真』でした。突拍子もないと思うかもしれませんが、当時、ある若手女優さんがヌード写真を出して、それに対して揶揄するような声が上がっていたのです。ところが、その時、舞台でご一緒した女優の大空真弓さんが『女優は若いうちに脱いだ方がいいのよ。きれいな体は見せなくちゃ』と、その若手女優を激励していた。それがとてもすがすがしいような気がしたのです」

1 / 3 ページ

小宮孝泰

1956年、神奈川県小田原市生まれ。明治大学卒。80年、渡辺正行、ラサール石井と「コント赤信号」でTVデビュー。91年に佳江さんと結婚。2001年、31歳の佳江さんに乳がん発症。12年に永眠。今年9月に、出会いから別れまでの出来事をつづった「猫女房」(秀和システム)を上梓。

関連記事