市販薬との正しい付き合い方

「薬を飲む」こともセルフメディケーションに当たる

自分自身で健康管理(C)日刊ゲンダイ

 医療先進国である日本では、国民皆保険制度によって誰でも高度な医療を受けることができます。これは素晴らしい制度であり、さらなる医療の発展が望まれます。

 一方で、少子高齢化に伴って医療財政が圧迫されているのも事実です。このままでは、医療技術は進歩しても財政面から使えない、または先進的な医療に対して見合った金額が支払われなくなる状況になり、医療技術や薬の研究開発が進まなくなってしまうことが懸念されています。

 そんな現状を踏まえ、将来的に継続して医療を発展させ、高度な医療を安定的に提供できる体制を維持していくために「セルフメディケーション」が強く推奨されています。

「セルフメディケーション税制」という税金の控除制度が2017年から始まったことを見ても、国の力の入れようがわかります。

 セルフメディケーションとは、自分自身で治療を行って健康管理することです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事