ニューヨークからお届けします。

米大学生で話題に 「スリープテキスティング」現象とは

スマホはベッドから離れた場所に…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

「スリープウオーキング(夢遊病)」や、「スリープイーティング(夢遊食事病)」は以前から指摘されていましたが、最近、アメリカの若者の間で「スリープテキスティング」、つまり眠ったままショートメールやツイッターなどのメッセージを送ってしまう現象が話題になっています。

 眠っている間にメッセージが来て、返事をしたのを覚えていない。しかも、そのメッセージの内容が恥ずかしいものだった――。

 こんな経験が大学生の間で話題に上るようになってきたため、ビラノバ大学が調査を行い、その結果が「ジャーナル・オブ・アメリカン・カレッジ・ヘルス」に掲載されました。

 それによれば、調査対象となった372人のうち、4人に1人が眠ったままメッセージを送ったことがあり、その7割以上は送ったことを全く覚えていなかったと答えたそうです。

 では、なぜスリープテキストをしてしまうのか? 中には夢遊病などの「パラソムニア(睡眠時随伴症)」によって引き起こされることもありますが、ほとんどの場合、深く眠っている状態から携帯電話の着信音などで突然目覚めたため、その直後の記憶が残らないから。つまり寝ぼけた状態で意味不明な、スペルなどもめちゃくちゃなテキストを送ってしまい、しかし覚えていない。朝、目が覚めてびっくり! 恥ずかしい! というわけです。中にはこれを防ぐために手袋をして寝ている女子学生もいるほど。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事