ニューヨークからお届けします。

米大学生で話題に 「スリープテキスティング」現象とは

スマホはベッドから離れた場所に…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 問題は、スリープテキスティングにより睡眠が妨げられ、質が下がること。以前もお伝えしたように、寝る直前に携帯やタブレットを見ることが睡眠の質を下げるのです。

 とにかく、携帯と一緒に眠らない。もし、電源を切りたくないなら、着信音を聞いてベッドから起き上がって数歩歩く、ベッドから離れた場所に置き、きちんと目が覚めてからメッセージに返信するようにすれば、失敗はない。こう、専門家はアドバイスしています。

2 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事