患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

低血糖で昏倒…しかし血糖測定器で“200超”表示の理由は

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「もう一度血糖値を測り直してみてもらえませんか」と妻が食い下がると、どのみち採血もして検査に回しているので、その結果を見ればいいと悠長な答えを返してきたそうだ。

■危うく死の瀬戸際まで

 血液検査の結果では、僕はまごうかたなき低血糖と判明。おかげでブドウ糖を投与されることになり命も失わずに済んだのだが、一体どうしてそんなことが起きたのか。

 血糖測定器の多くは電源が入ると、まず直前回の測定結果が表示される仕様になっている。ここから先はあくまで想像だが、測定器の使い方に慣れていなかった当直医は、僕の血を吸い取らせたつもりで実は失敗しており、前回の(ほかのだれか無関係な人の)結果を、僕の血糖値だと思い込んでいたのではないか。先輩の医師たちがいいように押しつけているのかもしれないが、そんな当てにならない先生を救急の当直につかせるのはいかがなものだろう。

2 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事