生活と健康 数字は語る

値段も種類もさまざま…降圧剤はいろいろな選び方がある

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 降圧薬として第1選択として使われるのは、利尿薬、Ca拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)です。

 どの薬がどれくらい使われているかを医療機関が診療報酬を請求するためのレセプトデータから調査した研究があります。

 研究は2009年と14年の2年間のデータを集計しています。最も多いのがCa拮抗薬で14年では65.2%、続いてARBの59.9%、利尿薬のひとつである抗アルドステロン薬が16.9%、ACE阻害薬が15.6%、サイアザイド系と呼ばれる利尿薬が10.6%、β遮断薬10.6%となっています。

 この割合は14年時点の私の処方とは大きく異なります。私自身の処方ではCa拮抗薬とサイアザイド系利尿薬が多く、次にACE阻害薬です。ここには降圧薬の値段が大きく関連しています。この3種類の降圧薬はジェネリックを利用すれば、最小用量の薬の値段が10円程度という安さです。それに対して、ARBは30円以上もするからです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事