がん発症の妻にしてあげた10のこと

<8>「闘病」と言わない 病気を受け入れる心境に達していた

妻・佳江さんが愛していたチェブラーシカ(C)日刊ゲンダイ

 小宮さんは、妻の病について、“闘病”という言葉を使わなかった。

「このことはお互いに話し合っていたわけではありませんが、彼女自身が“闘病”という言葉を使っていませんでした。“病と闘う”ということは、治るということが前提であって、妻は早くから、病気から逃れるのではなく、病気を受け入れようという心境に達していたのだと思います。仮に乳房を取ったとしても、がんが消えるわけではないと私たちは考えていました。もともと、がんは体のどこかから飛んできたのかもしれませんし、早期発見とはいえ、がん化するまでに、かなりの時間が経過しているはずです」

 だが、佳江さんはすぐにこの境地に至ったのではなく、もがき苦しんでいた跡もある。小宮さんの著書「猫女房」(秀和システム)にそのメモの一部がある。
《私が必要であると納得すれば、手術(温存でも、切除でも)することは、かまわないということ、そのほかの治療も同様であること。決して単純にいやだと言うつもりはない》

1 / 2 ページ

小宮孝泰

1956年、神奈川県小田原市生まれ。明治大学卒。80年、渡辺正行、ラサール石井と「コント赤信号」でTVデビュー。91年に佳江さんと結婚。2001年、31歳の佳江さんに乳がん発症。12年に永眠。今年9月に、出会いから別れまでの出来事をつづった「猫女房」(秀和システム)を上梓。

関連記事