愉快な“病人”たち

手術後はサイボーグになった…北村肇さんが直腸がんを語る

北村肇さん(C)日刊ゲンダイ

 こう言うと誤解を招くかもしれませんが、「手術後の自分は、サイボーグになった」と感じています。メスを入れ、臓器を20センチ切ってつなぎ合わせた。手術前の自分とは異なる次元の存在になったという自覚があります。だからこそ、これ以上、体を傷めることはやめて、がんと共存すればいい。

 ストレスをためずに、毎日9時間寝て、卵を6個食べて、適度な運動をして免疫力を高め、ここから先は生まれ変わった“新しい人間”として楽しもうと考えています。

 実はその後、CT検査で肺に転移した可能性が高いと言われたのですが、物理的な処置は一切せずに、モルヒネで苦痛を和らげる感じかな、と考えています。

 (聞き手=池野佐知子)

▽きたむら・はじめ 1952年東京都生まれ。東京教育大学文学部卒業後、1974年に毎日新聞に入社。社会部デスク、サンデー毎日編集長を歴任した。1995年から2年間、日本新聞労働組合連合委員長を務める。2004年1月に毎日新聞を退職し、2月から「週刊金曜日」の編集長に。2010年10月㈱週刊金曜日の社長に就任し、2018年9月に退任。現在はフリージャーナリストとして活躍している。

5 / 5 ページ

関連記事