Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

麻美ゆまさんは3期で全摘 卵巣にできる境界悪性腫瘍とは?

麻美ゆまさん(C)日刊ゲンダイ

「手術から5年たって現在、体はすこぶる元気です。病気を乗り越えられた感があります」

 来年のカレンダーの発売記念イベントで明るく語った姿が報道されたのは、タレントの麻美ゆまさん(31)。どんな病気かというと、境界悪性卵巣腫瘍で、26歳の若さで卵巣と子宮を全摘したことが伝えられています。その後、直腸への浸潤がんも見つかったことで抗がん剤治療により、髪も抜けてしまいました。

 女性としてとてもつらかったでしょうが、その苦難を乗り越えたからこその笑顔。スポーツ新聞のサイトで拝見したその顔は、健康を取り戻したように見受けられます。カレンダーには、ファンが喜ぶセクシーショットもあるようです。

 実は、卵巣にできる腫瘍には、良性と悪性があって、85%は良性。良性と悪性との中間的な悪性度なのが、境界悪性卵巣腫瘍です。このタイプは、一般に4つある組織型を問わず、悪性度の低いがん、あるいは前がん病変と考えてよく、多くは卵巣内にとどまる1期で発見されますが、麻美さんは進行した3b期だったといいます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事