天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

薬の進歩と適正使用がヒトの寿命を30年延ばした大きな要因

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 抗凝固剤、コレステロール降下剤、降圧剤と、心臓疾患と関わりの深い代表的な薬についてお話ししてきました。それぞれ高価な新しいタイプの薬が登場していることで、「薬代の負担が厳しいから古くても効果的な安い薬に変更したい」と考えている患者さんもいるでしょう。ただ、自己判断で中止したり変更してはいけません。必ず担当医に相談してください。そして、その医師がきちんと勉強しているか、薬に関する新しい知識があるのかどうかを見極めることも大切です。まずは、予備知識として一般の患者さんでも閲覧できる日本心臓財団や製薬会社のホームページなどをチェックし、自分が飲んでいる薬の情報を予習しておきましょう。

 現在、どんな種類の薬が出ていてそれぞれどんな特徴や違いがあるのか。効果や副作用、価格にどれくらい差があるのか。自分の症状の場合、どんなタイプが適当なのか……。予習した薬に関する知識をベースにしながら医師に質問してみて、きちんと答えてくれるのかどうかを確認するのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事