天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

薬の進歩と適正使用がヒトの寿命を30年延ばした大きな要因

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 薬の進歩と適正使用による生活習慣病の予防は、間違いなく寿命を延ばすことに貢献しています。最近、コレステロールは下げないほうがいいとか、生活習慣病の薬の極めてまれな副作用をクローズアップして飲まないほうがいいなどと喧伝しているメディアも目に付きますが、惑わされてはいけません。エビデンスにのっとった方法できちんと薬を使いながら自己管理していくことが、寿命を延ばすいちばん効果的な方法なのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事