役に立つオモシロ医学論文

インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」は本当に革新的なのか?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 インフルエンザが本格的な流行シーズンを迎えていますが、「ゾフルーザ」(一般名:バロキサビルマルボキシル)という新しい抗インフルエンザ薬に注目が集まっているようです。

 1回分を服用するだけで有効性が期待できるという特長から、即効性があり効き目も強い、などとインターネットやマスメディアでも取り上げられています。

 そんななか、世界的にも権威のある医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌」に、インフルエンザに対するゾフルーザの有効性を検討した研究論文が2018年9月6日付で掲載されています。

 この研究では、12~64歳のインフルエンザ患者1432人を、ゾフルーザ投与群(610人)、従来から用いられている抗インフルエンザ薬の「タミフル」(一般名:オセルタミビル)投与群(513人)、プラセボ(薬効成分のない偽薬)投与群(309人)の、3つの集団にランダムに振り分け、インフルエンザ症状緩和までの時間が比較されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事