生活と健康 数字は語る

介護が必要な虚弱老人が降圧剤を飲むなら注意が必要

写真はイメージ(C)PIXTA

 高齢者の多くが血圧の薬を飲んでいますが、介護を必要とするような高齢者は注意が必要です。

 健康な高齢者であれば80歳以上であっても、降圧薬を飲むことによって脳卒中や心不全を先送りできることがランダム化比較試験と、そのメタ分析で示されています。しかし、これは介護が必要となる虚弱老人では事情が異なります。

 虚弱老人を対象にした研究はここ数年の間に発表されるようになったばかりですが、その結果は、降圧薬の危険や低血圧の危険を示すものが大部分です。

 2015年には介護施設に入所中の高齢者で上の血圧が130㎜Hg未満で、かつ降圧薬を2つ以上飲んでいる人が2・13倍死亡リスクが高いことを報告し、さらに2018年に報告された最新の研究でも、18・4%の施設入所者を含み、47・2%が心血管疾患の既往を持ち、63・5%に握力低下が認められる85歳以上の高齢者を対象にして、収縮期血圧が10㎜Hg下がるごとに死亡のリスクが1・29倍になり、認知機能低下も血圧が低いグループで早いという結果が示されています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事