愉快な“病人”たち

今も肺がん治療中 フットサル久光重貴さん語る壮絶闘病

久光重貴さん(C)日刊ゲンダイ

「肺線がん」と告知されてから、5年8カ月が経ちました。当初のステージはⅢb。すでにリンパ節にも転移し、手術や放射線治療はできない状態でした。余命については命を限定するみたいで嫌だったので聞きませんでしたが、今日という日を迎えられるとは思っていませんでした。医師も驚いています。

 がんが見つかったのは、2013年5月。Fリーグ開幕前のメディカルチェックの時でした。「右の肺の上のほうに影がある」と言われて再検査を繰り返すうち、だんだん「これは大変な病気なんじゃないか」と不安になっていきました。といっても、自覚症状はほとんどなく、練習やゲームの時に「ちょっと息切れするな」と感じるぐらい。それも、31歳という年齢のせいだと思っていました。

 だから、母親と2人で医師から告知を受けた時は驚きました。でも、隣で涙を流している母親の手前、自分がうろたえるわけにはいきません。がんについての知識もあまりなく、ステージを言われてもよく分からないから、先生に「練習にはいつ戻れるのですか」と聞いたほどです。すると、「フットサルがやりたいんですか。生きたいんですか」と言われ、フットサルどころじゃない。生きられるかどうかなんだと気づかされました。

1 / 5 ページ

関連記事