ステージⅣがん治療を断るとどうなる

自宅で2種類のマッサージを開始…顎の腫れが徐々に小さく

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「PET検査(陽電子放射断層撮影)を受けてから2日後に来てください。栄養を入れたから大丈夫でしょう」

 全く栄養の取れない私を、さらに3日間放置しようとする。バトルを繰り返した結果、その後、毎日点滴を受け、栄養を注入するチューブを胸の皮膚の下に埋め込むCVポートの手術をすることにこぎつけた。約1時間ほどの手術の後、2日間入院したが、最後の言葉はこうだった。

「呼吸ができなくなったとか、悪くなっても、うちでは受け入れませんよ。これが最後ですよ」

 退院後は自宅で夜、CVポートで約10時間の高栄養素の点滴を行っている。昼の時間は起きて原稿を書いたり、軽いストレッチ運動。日を追うごとに体は生気を取り戻しつつある。うがいをしただけで強烈にむせて咳(せ)き込んでいたのだが、それもなくなった。左頚部の腫れも徐々に小さくなっている。これは退院後、免疫力を高めるために自宅で新たに始めた2種類のマッサージの効果ではと思っている。それは、以前取材をした日本酒と薬草(漢方入浴剤)によるマッサージなのだ。

2 / 2 ページ

笹川伸雄

ジャーナリスト。1946年、宮城県生まれ。医、食、健康のジャンルを得意とし、著書に「妙薬探訪」(徳間文庫)など

関連記事