がんと向き合い生きていく

医師に不信感を抱いた患者が治療に納得するのは難しい

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 飲食業に従事するKさん(58歳・男性)は、特に症状はなかったのですが、健康診断で食道がんが見つかりました。病期はⅡ期と診断され、手術前化学療法を行った後、手術でがんと周囲のリンパ節を切除しました。

 担当のS医師は「手術は完璧でした。手術後の抗がん剤治療は必要ありません」とKさんに話したそうです。しかし、1カ月後の外来でこう告げられました。

「病理の結果が出ました。リンパ節の2カ所にがんの転移が見られました。組織型が増殖の速いタイプなので、再発予防のため、念のためですが化学療法を行っておいた方がよいと思います」

 Kさんも了解し、外来で3週に1回、点滴による抗がん剤治療が合計4回行われました。Kさんは、抗がん剤投与後の2~3日は嘔気、食欲不振、不快感に耐え、予定の治療は終了となりました。

 抗がん剤治療が終わって1カ月が経過し、がん再発がないことを確認する目的で全身のCT検査が行われました。ところが、CTで両側の肺と腹腔リンパ節に多数の転移が認められたのです。S医師は早い転移に驚き、すぐにKさんにそのことを伝えて、今度は新しい薬で治療することを勧めました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事