ニューヨークからお届けします。

こんまり大ブームの陰に汚い部屋が与える健康への悪影響

近藤麻理恵さん(C)日刊ゲンダイ

 睡眠にも影響があり、入眠しづらかったり、熟睡の妨げの原因になるとの研究結果も。 

 また、人間関係にも作用するかもしれません。乱雑な部屋で映画を見た人は、登場人物の感情表現を正しく理解できなかったという調査データもあるのです。

 そして、極めつきは、散らかった家に住んでいると太る! スナックを余計に食べ、特にフルーツなどヘルシーなものより、クッキーなどをより食べる傾向がある。ものすごく散らかった家に住む人は、そうでない人に比べて77%太っているというデータも報告されています。

 散らかっている状態に対処しようとするために余計に食べてしまったり、部屋の乱雑な状態を意識しないように、テレビを長時間見てしまうということもあるそうです。

 こんまりブームで思わぬ注目を集める「散らかる部屋の脅威」。日本式の片付けが、アメリカ人の健康を救うかもしれません。

2 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事