愉快な“病人”たち

虫垂が肥大して…川浪ナミヲさん手術は腹腔鏡から開腹へ

川浪ナミヲさん(C)日刊ゲンダイ

 いまどき、盲腸の手術で4時間もかかるなんて考えられます? 駆けつけてくれた家族が「本当に盲腸ですか?」と医者に確かめたくらい大ごとになりました。

 2016年の後半あたりから、お酒を飲むと胃の辺りがシクシクして、調子が悪かったんです。でも、1~2日で治まるので、年のせいでお酒に弱くなったんだと思っていました。

 異変は17年2月。仕事で長野を訪れたとき、昼間から例の痛みがあって食欲がなく、夜になると熱が出て、痛みがどんどん増してきました。脂汗が出るほどの痛みに、ボクは「これか! いまはやりの胃腸にくる風邪は」と思い込み、周りに感染するといけないからとホテルからタクシーで救急病院へ行きました。

「たぶん風邪だと思う」と医師に告げると、触診をしながら「川浪さん、これは間違いなく盲腸ですね」と言われました。検査後、正式に「虫垂炎」と診断されて、そのまま入院、翌日、手術の運びとなりました。破裂寸前だったようです。

1 / 5 ページ

関連記事