性感染症最前線

性器クラミジア<1>感染率は性交1回で50% HIVの50倍以上

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 感染経路は、膣性交による尿道や子宮頚管への感染。オーラルセックスによる咽頭感染。肛門性交による直腸感染。感染者の体液が目に入ることで、クラミジア性結膜炎という感染経路もある。

 目から感染すると病原体が目と鼻をつなぐ鼻涙管を通って鼻腔へ移行、そして咽頭へ感染するという場合もある。咽頭に感染しても、発赤や腫れなどの症状はほとんど表れない。そのためパートナー間でピンポン感染が起こりやすいのだ。

 男性の典型的な症状は「クラミジア性尿道炎」という。

■男性不妊の原因に

「感染の機会から1~3週間後に、尿道口から水っぽい白い分泌物が出ます。また、尿道のかゆみ、違和感、不快感などもありますが、いずれも軽い。しかし、放置していると精巣上体炎を発症する恐れがあり、男性不妊の原因になります。副睾丸が腫れて痛いのが特徴です。精巣上体炎の多くは、クラミジアが原因とされています」

2 / 3 ページ

関連記事