患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

もしもの時のためのインスリン備蓄で生じた思わぬ問題とは

写真はイメージ

 僕が使っているインスリン注射器は1本3ミリリットル入りだ。これを何十回かに分けて体に投与し、おおむね10日前後で1本を使い切ることになる。そしてこれを僕は、実際に必要な量よりもだいぶ多めに処方してもらっている。

 1型糖尿病患者にとって、インスリンは何よりも重要なライフラインだ。万が一、外出中に注射器を紛失してしまったら? 何らかの問題が発生して、何カ月も処方を受けられないような事態に立ち至ったら?

 当初はそんなことが心配で、少しでも備蓄しておこうという心積もりだったのだが、次第に「多めに処方してもらう」のが習慣になってしまい、気がついたらストックが40本を超えていた。

 使用期限はたいてい1、2年先になっているので、無駄になりはしないはずだ。備蓄が多いに越したことはないと思っていたところ、ひとつ問題が発生した。

1 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事