患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

もしもの時のためのインスリン備蓄で生じた思わぬ問題とは

写真はイメージ

 それまで僕は、食事開始30分前に打つ「速効型」インスリンを使用していたのだが、ある理由で、それを食事直前に打つ「超速効型」に切り替えることになったのだ。

 インスリンは、決して安価な薬剤ではない。それまでのストックを丸々廃棄するのは忍びなかった。そこで僕は一計を案じ、両者を場合に応じて使い分けながら「併用」することにした。

 食事開始時間を読みづらい外食の時は、「超速効型」が圧倒的に便利だ。また、妻が夕食を準備してくれる際も、余計な心配をかけないようにするためには、このタイプにする必要がある。

 しかし、それ以外のときには、自分できちんと管理できている限り、「速効型」でも問題はない。幸い今や、例の最新型グルコース値測定器もあるから、ひとりでいる時でもよほどのことがなければ昏倒してしまうような心配はない。

 この使い分けを励行して1年半ほどで、「速効型」のストックは無事、残り数本まで消化することができた。何事かを成し遂げた気分だ。

2 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事