ニューヨークからお届けします。

インフルエンザ対策にマスク ファッショナブルと称賛の声も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 アメリカでもインフルエンザが猛威をふるっています。8万人が亡くなった前シーズンの大流行ほどではないとのことですが、米疾病対策センターによれば、全米50州のうち、36州で大流行。昨年10月から1月中旬までに合計1140万人がかかったとのことです。

 中でも、最低気温がマイナス30度近くまで下がる記録的な寒波に襲われている中西部が、最も大きな影響を受けているとみられ、ミズーリ州では、今シーズンに肺炎とインフルエンザで死亡した人が、合わせて630人という驚きの数字が発表されています。

 日本と同様、あらゆるメディアがインフルエンザや風邪の対策を呼びかけています。最善の方法はやはり予防接種ですが、アメリカ人が好きな民間療法にも言及。例えば、ビタミンCと亜鉛入りのサプリ、グルコン酸亜鉛のトローチ、ハーブの一種エキナセアの喉スプレー、腸の調子を整える乳酸菌サプリなどは、劇的な効果はないものの、抵抗力を高めたり、症状の軽減のために上手に使うことをお勧めしています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事