天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

東大病院のマイトラクリップによる死亡事故で考えられること

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 東大病院は今回が6例目だったといいますが、男性患者が亡くなった原因は、手技そのものによる合併症ではなかったようです。予想されるケースはいくつかありますが、まず患者さんの心臓の状態がマイトラクリップを行う段階よりも悪すぎたという印象です。

■特別な手技の行程に問題があった可能性も

 そのうえで、心房中隔に穴を開ける「ブロッケンブロー法」という特別な手技の行程に問題があったことも考えられます。僧帽弁は左心房と左心室の間にあります。クリップの付いたカテーテルを下肢の静脈から挿入してそこまで到達させるには、まず右心房に入ってから心房の壁である心房中隔に穴を開け、その穴から左心房に進める行程が必要です。

 心臓を動かしたまま心房中隔を穿刺するので、医師の経験値が求められます。かつてはレントゲンのみを見ながら行われていたので難易度の高い手技でしたが、近年は心臓のすぐ後ろ側を走っている食道側から直接心臓をモニターできる経食道心臓エコーや、先端にさまざまなセンサーが付いたカテーテルなどの進歩によって、以前よりは安全に行えるようになりました。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事