患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

低血糖で意識障害だからこそ 低血糖を断固認めない

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 低血糖による意識障害や昏倒のリスクを、現在は最小限まで抑えることが可能になっている。そんな今だからこうして堂々と書けるのだが、渦中にあった頃、妻には本当に迷惑をかけたと反省している。

 僕が「異常な言動」を示したとき、口から泡を吹いて意識を喪失したとき、救急車で搬送されたとき、そばにいて対処してくれていたのは、常に妻だ。彼女はその都度、一歩間違えば僕がそのまま帰らぬ人となってしまうかもしれないという恐怖と闘ってきたのだ。

 当時、妻から口を酸っぱくして注意されていたのは、「低血糖ではないか」と指摘されたとき、抵抗しないでほしいということだった。

 そういうとき、僕はしばしば、「これは低血糖じゃない」とムキになって否定し、ゼリー飲料などを食べさせようとしても、「必要ない」と拒んだりしていたようだ。自分でもあらかた覚えているし、そのときの心理も思い返すことができる。あえて言語化すれば、それはこういうことだ。

1 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事