Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

私自身がんになって<6>菅原文太さんの妻からの手紙

贈られた花とメッセージカード(C)日刊ゲンダイ

 文太さんが文太さんらしく生きるために。文太さんの生活の質を第一に考えた治療の提案が、放射線治療でした。医師として当然のことをしただけですが、それが縁でおふたりとは折に触れて交流する機会に恵まれたことは私としてもうれしく思っています。文太さんの代表作になぞらえて、「仁義ある戦い」とお褒めの言葉を頂戴したことは、光栄です。

 お花も頂いたのでお礼にお電話すると、こう言われました。

「中川先生が無症状の膀胱がんをご自身でエコーで早期発見されたのは、天の文太の導きかもしれません。文太は生前、『中川先生のおかげで寿命をまっとうできた』とよく話していました。そういえば、(キャスターの)小倉さんも先生も文太も、膀胱がんになる人はみんな、お酒が好きですから、早期発見は何よりですね」

 おっしゃる通りです。国立がん研究センターが約9万6000人を平均18年間追跡した調査があります。飲酒で顔が赤くなる人が、純アルコール量で1週間に151~300グラムを摂取すると、ほとんど飲まない人に比べて膀胱がんのリスクが約2倍に上昇したというのです。赤くならない男性は、アルコール量に関係なくリスクは上昇しませんでした。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事