Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

白血病は抗がん剤が効きやすい 治癒率が8割超に上る種類も

2018年のジャパンオープンでは5冠!(C)日刊ゲンダイ

 来年の東京五輪に向けて、ショッキングなニュースです。競泳女子日本代表の池江璃花子選手(18)が12日、白血病であることを自らのツイッターで報告。(合宿先の)オーストラリアから緊急帰国して、検査を受けた結果、「白血病」という診断が下されたといいます。

 会見した三木二郎コーチによると、「今まで見たことがない、肩で呼吸する場面があった」と語っています。練習中に体調が悪くなっていたのでしょう。4日に現地で受けた血液検査の結果が6日に出て「早く帰国して検査を受けた方がいい」と受診を勧められたそうです。

 15歳未満の小児がんでは、白血病が4割。15~19歳のハイティーンでは、白血病が24%。いずれも最多で、若い方の白血病は珍しくありません。

 白血病は、白血球になりかけの細胞が、成長過程でがん化してほかの細胞を押しのけて増殖する病気。ある一定の細胞だけががん化する「急性白血病」と、さまざまな成長過程の白血球が増殖する「慢性白血病」に分かれます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事