市販薬との正しい付き合い方

ヒルドイドは全く同じ成分と濃度の市販薬を安く購入できる

写真はイメージ(提供写真)

 病院の経営という観点からすればありがたいことではありますが、本来の医療のあるべき姿とは違うように感じます。売り手(医療者)の情報提供不足(セールスの下手さ)なのか努力不足なのか、買い手(患者さん)がそれほど情報を欲していないのか。いずれにせよ、患者さんに対して発信する情報が不十分であることは間違いないといえます。

 自分が気に入ったクリームを市販薬として買うことができる。しかも、病院でもらう(買う)よりも安く手に入る。さらに保険診療を圧迫しない……となれば、薬局で買う人も増えるでしょう。これぞまさに利益率の高いセルフメディケーションといえるのではないでしょうか。

2 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事