愉快な“病人”たち

手術11時間から生還 海援隊・中牟田俊男さん食道がん語る

ミュージシャン「海援隊」の中牟田俊男さん(C)日刊ゲンダイ

「あ、がんです」

 あっさり医師に言われて、「ああ、すぐ言うんだ」と拍子抜けしました。軽かったからなんでしょうけど、できればもう少しためてほしかった(笑い)。でもよかったですよ。「ご家族の方を……」なんて言われなくて。

「食道がん」が見つかったのは、2015年の11月でした。定期健診でいつものクリニックへ行き、異常なしのお墨付きをもらったものの、なんとなく胸の辺りがスッキリしない。そう訴えると、「もう少し調べるなら胃カメラしますか?」と言われたのでやってもらったんです。そうしたら、モニターの映像を見ながら、「ん? 変なのがある。これ調べたほうがいいな」と細胞を採って病理検査となりました。

 1週間後に結果を聞きに行ったら、あっさりがん告知です。

 心境として手術は避けたい。でも、精密検査をするとギリギリ開腹手術をやったほうがいい段階とのことでした。「可能性として内視鏡でも大丈夫ですか?」と聞くと、「可能性はあります」というのでそっちに懸けようと思いました。何しろ仕事で迷惑をかけることは最小限にしたくて、病気うんぬんより、そっちが頭を占めていました。

1 / 5 ページ

関連記事