天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓病がある妊婦には諦めてもらわなければならない場合も

順天堂大学医学部附属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 心臓疾患に対する治療が進歩したいま、妊娠・出産を希望する女性は増えています。

 母体の死亡リスクが非常に高くなる重度の心不全や大動脈弁狭窄症、肺高血圧症といった疾患がある場合は妊娠は勧められません。しかし、心臓疾患があっても大きなトラブルもなく日常生活を過ごせている女性は、医学の進歩に支えられ、妊娠・出産をあきらめる必要がなくなったと考えていいでしょう。

 それでも、母親や胎児の状態が悪化した時は妊娠を中断することに同意してもらわなければなりません。妊婦は循環血液量が増えるため、心臓疾患がある場合はうっ血性心不全を起こしやすくなります。また、循環血液量が増えれば血圧も上がるので心臓の負担が大きくなり、不整脈も表れやすくなります。

 そうした有害な症状をコントロールしづらい状態、または症状を管理するにあたって胎児に悪影響が及ぶような状況にある時は、妊娠の継続を中止せざるを得ません。母親に最初からうっ血性心不全があったり、症状を管理するために使う薬剤によって、大脳が欠損して生存能力がほとんどない無脳症の子供ができやすくなるという報告もあるのです。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事