天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

妊娠を希望する女性患者は弁を交換する再手術が必要だった

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 妊婦がリスクの高い心臓疾患を抱えている場合、病状によっては妊娠の継続をあきらめてもらわなければいけないケースがあることを前回お伝えしました。ですから、心臓疾患のある女性が妊娠・出産を希望されるときは、前もって慎重に計画する必要があります。

 まずは心臓の症状をきちんとコントロールしてから妊娠・出産に臨むのが一般的で、心臓病患者の妊娠に精通している産科医や循環器専門医による管理が欠かせません。

 リスクはさまざまありますが、中でも大きな問題になってくるのが、さまざまな心臓疾患の治療によく使われている抗凝固薬「ワーファリン」です。血液をサラサラにする効果があり、血栓ができるのを防ぎます。心房細動によって起こりやすくなる脳梗塞や心筋梗塞の予防、心臓弁膜症で機械弁を入れる人工弁置換術を受けた患者さんなどに使われます。

 ただし、ワーファリンは、妊婦、産婦、授乳婦、妊娠の可能性がある女性への投与が禁忌とされています。「催奇形性」と呼ばれる作用があるからです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事