Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

河村隆一さんは手術で復帰 肺腺がんの切除エリアと呼吸機能

「LUNA SEA」のボーカルの河村隆一さん/(C)日刊ゲンダイ

 そこで気になるのは、手術と呼吸機能の関係でしょう。肺は右が3つ、左が2つの「肺葉」に分けられ、さらに右は10、左は8の「区域」に分けられます。

 腫瘍の大きさによっては肺の全摘ではなく、より小さな切除で済む肺葉切除が適応になることがあります。全摘や肺葉切除だと、病変はしっかり切除できても、呼吸機能の低下が問題でした。

 その問題点をクリアする切除法が、区域の根本まで切除する区域切除です。

 早期の肺腺がんは腫瘍が小さく、2~3センチ以下なら区域切除の適応になる可能性があります。

 より切除エリアが小さなものが楔状切除。肺の端のみを切除して根本は残す方法です。

 切除するエリアが小さいといっても、手術が簡単というわけではなく、その区域につながる血管のみを選んで切除する必要があり、一つのミスで大きく肺機能を損なう恐れも。熟練した技術が欠かせません。手術エリアのチェックには、CTやPET/CTも併せて厳密に行います。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事