失明リスクの高い目の病気

「突然、黒い幕が下りて…」一過性黒内障は脳梗塞の前兆

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「緑内障」「白内障」ときたら次は「黒内障」です。眼球自体には問題がないのに「突然幕が下りたように目の前が真っ暗になった」などといって、片眼または両眼の重篤な視力低下、あるいは失明状態に陥る病気です。その状態が数分から数十分で治まるのが一過性黒内障です。

 その発症頻度は緑内障や白内障に比べて少なく、神経眼科の患者さんが多い。私の医院でも月に1人か2人程度しかいません。しかし、一過性黒内障は脳梗塞の前駆症状である一過性脳虚血発作の前兆の可能性が高く、軽く考えてはいけません。一過性脳虚血発作をそのままにしておくと、15~20%の人が3カ月以内に脳梗塞を発症、うち半数は数日以内、早い人では48時間以内に脳梗塞を起こすとの報告があります。

 一過性脳虚血発作の原因は頚動脈などの血栓にあります。血中のコレステロールが高い中高年の患者さんでは、頚動脈にもアテロームというコレステロールの沈着が起こります。そこは血液が凝固した血栓ができやすく、その一部がちぎれて血流に乗り、脳や眼球に飛来することで一過性脳虚血発作が起こるのです。このとき、眼底の血管にその血栓が詰まってしまえば明らかな網膜動脈閉塞症ですが、眼底には異常がなく、眼科を受診した時には視力低下や視野欠損もなくなっている場合が「一過性黒内障」です。

1 / 3 ページ

清澤源弘

1953年長野県生まれ。東北大学医学部卒、同大学院修了。86年仏原子力庁、翌年に米ペンシルベニア大学並びにウイリス眼科病院にフェローとして留学。92年東京医科歯科大眼科助教授。2005年から現職。東京医科歯科大臨床教授兼任。日本眼科学会専門医、日本眼科医会学術部委員、日本神経眼科学会理事など。

関連記事