ニューヨークからお届けします。

買えず命を落とした人も…米はインスリン価格が5年で2倍に

写真はイメージ
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 アメリカの医薬品の値段の高さは以前から社会問題化していますが、有効な手が打たれないまま、また薬の高騰が問題になっています。

 1型糖尿病の治療に欠かせないインスリン製剤の値段が過去5年間で2倍に高騰。非営利団体ヘルスケア・コスト・インスティテュートの調べによると、2012年の1年間に1型患者がインスリン購入に支払った金額は約30万円だったのが、16年には60万円に膨れ上がりました。

 このため700万人といわれる1型患者の中には必要なインスリンが購入できなくなった人も多く、4人に1人が勝手にインスリンの投与を減らしたとのデータもあります。結果、命を落とした患者の事例も報告されています。

 なぜ、ここまで高騰してしまったのか? それは、アメリカには国が薬の値段を規制する法律がなく、製薬会社が好きなように価格を設定できるからです。同じインスリン製剤が、アメリカではカナダの10倍、台湾の15倍の値段で売られているとの情報もあります。

 さらに、世界のインスリンはアメリカの製薬3社でほぼ独占的に生産されています。100年近く前に発見されたインスリンは安いジェネリック医薬品が作られていてもおかしくない。ところが、もともと人間の体内で作られるインスリンを製造するためには高い技術が必要でした。最初のパテントを託された3社が、数年ごとに新たな特許を申請し直してきたために、ほかの会社が参入することができない状態になっているのです。

 一方で、これらの特許は特に新たな技術ではなく、ちょっとした変更でも獲得することができるのでは――という指摘も。独占のためだけのパテント維持ではないかという強い批判が出ているのです。

 アメリカ人の3人に1人は糖尿病または糖尿病予備群といわれています。高騰を続けるインスリンの問題はますます深刻化しそうです。

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事