患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

「適正な量」を知っていれば時にハメを外しても構わない

「食べ過ぎた」なら、翌日ちょっと控えめにすればいいだけのこと

「食べ過ぎた」と感じるなら、「適正な量」を体が知っているということだ。それは大きなアドバンテージになる。以降は常に、その感覚との距離で自分の食生活を評価できるようになる。

「適正な量」を超えたら罪悪感を覚えるようにでもなれば、しめたものだ。罪を犯せば、その罪を償おうとする意識がカウンターとして働く。つまり、翌日にはおのずとカロリーが控えめになるはずだ。

 現に僕は、1型と診断されて食事療法が治療に関係のない身となってもなお、かつて身につけた感覚を生かして、おおむね適正な食事の量を保ち続けているし、それを超えれば一定の罪悪感を覚えてもいる。

 とはいえ、「適正な量」を何が何でも超えないように、365日気を抜くなと言っているのではない。時にはハメを外しても構わない。「食べ過ぎた」日があったなら、翌日はちょっと控えめにすればいいだけの話だ。

1 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事