生活と健康 数字は語る

降圧薬を飲んでまで「血圧1番」を目指して頑張るべきか?

写真はイメージ

 白衣高血圧の人は血圧が正常の人と比べ、死亡リスクが1.79倍、心臓疾患による死亡リスクが1.96倍という結果を紹介しました。このデータをもう一度別の視点から検討してみましょう。比較の基準になっている血圧正常の人は全体の7%にすぎません。つまり100人のうちの上位7人と比べて2倍弱危険ということです。

 成績がトップ1割以内に入る人に比べて、2倍くらい成績が悪い。大学受験生で言うと難関大学に落ちる危険が2倍高いと言ってもいいかもしれません。合格確率が半分というほうがわかりやすいでしょうか。いずれにしても普通の受験生からしたら「成績がトップクラスの人と比べられてもなあ」というところではないでしょうか。東大や京大を目指している人と比べて成績が悪いと言われても、そんなの当然だよというところです。

 むろん、薬を飲むと東大・京大を目指す人たちと同じ成績になれると言われれば、薬を飲むという人も多いでしょう。実際、塾に通って頑張って勉強して、というのは薬を飲んでいるようなものかもしれません。そう考えると、これだけ塾まで行っても難関大学へという世の中を考えると、みんな降圧薬を飲むというのが現在の社会かもしれません。

 しかし、塾まで行って東大・京大へ行っても仕方がない、という世の中もあるのではないでしょうか。つまり、薬を飲んでまでして、血圧1番を目指すほど頑張らなくてもよいという社会です。皆さんはどちらの社会が生きやすいでしょうか。

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事